NEC 毎秒10万件超えの取引を可能にするブロックチェーン技術を開発

403

 

  • NEC及びNEC欧州研究所がブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発
  • 毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速の合意形成アルゴリズム
  • 世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能

NECおよびNEC欧州研究所が取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発した。

新技術の特徴

トラステッドハードウェアをフル活用して高い処理速度を実現

参加ノード数が200ノード程度の大規模環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を実現。

取引情報のプライバシーを保護

取引情報を全参加ノードに一律に公開するのではなく、取引情報の公開範囲を限定できる仕組みを開発。これにより、特定グループ内の取引情報はグループに属するノードにのみ公開するという制御が可能となる。

IoTデバイスからも高速で安全なデータ参照を実現

IoTデバイスがブロックチェーンのデータを参照する際に、各参加ノードのTEEを活用して、IoTデバイスでも高速な検証を可能とした。

本技術により達成された性能は、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムに必要とされる、毎秒数万件を上回っており、記録性能やノード数の制約によってブロックチェーンの適用を断念していたケースへも対応が可能となる。また取引情報のセキュリティとプライバシーを保証することで、個人情報や企業秘密にあたる取引の取扱も可能となる。

NECは、今後は金融以外への応用も視野に入れ社会インフラに要求される性能や機能を実現するブロックチェーンおよび上位レイヤの研究開発を進めるとしている。