コインチェック不正流出 北朝鮮ハッカーが関与と推定

312

 

  • コインチェックから580億円相当のNEMが流出した事件に、北朝鮮が関わったと推定
  • 2月5日に韓国の聯合ニュースにて、複数の国会議員から証言があったと報道された
  • 同日開催の韓国の国家情報院の国会情報委員会にて、報告があったとのこと

韓国の聯合ニュースにて、北朝鮮の仮想通貨取引所へのハッキング行為が記事に取り上げられた。

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)は5日の国会情報委員会で、北朝鮮が少なくとも2カ所以上の韓国の仮想通貨取引所にハッキングを行い、260億ウォン(約26億円)相当の仮想通貨を奪ったと報告した。また日本で発生した580億円相当の仮想通貨が不正流出した事件も北朝鮮によるものとみられると指摘した。同委に所属する複数の委員が聯合ニュースの取材に対し明らかにした。

記事によると、1月に日本で発生したコインチェックのNEMの不正流出に関しても、北朝鮮のハッカーが関与したと見られると指摘があったという。