ベネズエラ 石油を担保に国家主体でICOを実施予定

190

 

  • ベネズエラが2月20日から仮想通貨「ペトロ」のICOを実施
  • 国内で採掘される石油を担保に、最大で約6,000億円を調達予定
  • 現在の石油取引で基軸通貨であるドルに頼らない通貨を目指す

2月20日より、ベネズエラが国家主体の仮想通貨ペトロ(PTR)のICOを実施する予定だ。2月2日に公開されたICOの概要を説明するホワイトペーパーによると、ペトロはベネズエラ国内で採掘される石油を担保に、ICOにより最大で約6,000億円相当の資金を調達する予定だ。

ペトロ(PTR)は、ベネズエラの大統領の考えがもとになっている国家主体の仮想通貨である。近年、大きくインフレの進むベネズエラにおいて、石油の売買の基軸通貨となっている米ドルに左右されない仮想通貨を発行することにより、より公正でオープンな石油取引を促進する考えだ。

また、ペトロの潜在的な魅力は、ベネズエラの全国民を対象とした行政のサービスや決済の手段として使用される見込みだということだ。

国家によるICOは世界的にも極めて珍しいため、国内外を問わず多くの投資家や関係者から、注目が集まっている。

参照
ペトロ公式:仮想通貨「ペトロ」ホワイトペーパー (2018/02/02)